Skip to content

ウェブサイトのローカリゼーション

ウェブサイトの翻訳手順

ステップ 1: 原文ファイルの確認

  • アカウントマネージャー
  • プロジェクトマネージャー
  • ローカリゼーションエンジニア
  • インターナショナリゼーションエンジニア
  • ウェブCMSスペシャリスト
  • ウェブデザイナー
  • ウェブ開発者
  • グローバルSEMスペシャリスト

ウェブサイトの翻訳を検討されているお客様に、自社サイトの原文ファイルをすべてご支給いただきます。このファイルを当社では「ローカリゼーションキット」と呼びます。ご支給いただいたローカリゼーションキットをグローバリゼーションサービスチームが分析します。

翻訳メモリツールを用いたワークフローを活用し、マークアップ言語やフォーマットコードを維持するため、ファイルの準備作業を行います。この作業は翻訳版のDTP(デスクトップパブリッシング)にかかる時間とコストの削減につながります。

単語数/文字数、翻訳可能なグラフィック、翻訳先の言語(ターゲット言語)、使用されるコンテンツ管理システムやワークフローなど様々な項目に基づいて提案書を作成いたします。

GPIは、プロジェクトに合わせてカスタマイズできる総合的な品質保証プロセスに従います。また、このプロセスはすべて文書に記録されます。当社の翻訳ワークフローには、翻訳およびDTP(デスクトップパブリッシング)の精度を保証するため、チェックリストによる各種品質監査が含まれています。また、お客様の品質保証(QA)やワークフロープロセスを当社のワークフローに組み込むことも可能です。

GPIは、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」認証を取得しています。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

その他のサービス:

ステップ 2: CMSをベースに行う多言語翻訳ワークフローのベストプラクティス

  • アカウントマネージャー
  • プロジェクトマネージャー
  • リードトランスレーター(翻訳チームリーダー)
  • ローカリゼーションエンジニア
  • インターナショナリゼーションエンジニア
  • ウェブCMSスペシャリスト
  • ウェブデザイナー
  • ウェブ開発者
  • グローバルSEMスペシャリスト

ウェブサイトの翻訳は、以下のワークフローを組み合わせた複数のワークフローで行われることがあります。

  • お客様のCMS(コンテンツ管理システム)に直接接続し、翻訳を入力するワークフロー。
  • お客様から、XMLや他のファイル形式にエクスポートしたコンテンツファイルを受け取り、ローカライズした後にファイルをお客様に納品するワークフロー。
  • お客様の CMS と当社翻訳ポータルをカスタムコネクターでつなぎ、コネクターを通してコンテンツのインポート・エクスポート、ファイルのやり取りを簡略化するワークフロー。
推奨されるワークフローや、翻訳コネクター使用の可能性、現行のCMSの機能拡張などについて、情報を提供いたします。ご使用のCMSの対応言語や構成などを GPI にお知らせください。

GPIは、プロジェクトに合わせてカスタマイズできる総合的な品質保証プロセスに従います。また、このプロセスはすべて文書に記録されます。当社の翻訳ワークフローには、翻訳およびDTP(デスクトップパブリッシング)の精度を保証するため、チェックリストによる各種品質監査が含まれています。また、お客様の品質保証(QA)やワークフロープロセスを当社のワークフローに組み込むことも可能です。

GPIは、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」認証を取得しています。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

その他のサービス:

ステップ 3: プロジェクトの開始

  • アカウントマネージャー
  • プロジェクトマネージャー
  • リードトランスレーター(翻訳チームリーダー)
  • ローカリゼーションエンジニア
  • インターナショナリゼーションエンジニア
  • ウェブCMSスペシャリスト
  • ウェブデザイナー
  • ウェブ開発者
  • グローバルSEMスペシャリスト

プロジェクトの開始にあたり、以下の項目の確認を行います。

  • プロジェクトチーム
  • プロジェクトのスケジュール
  • プロジェクトの手順
  • ワークフロー
  • 連絡方法
  • レビュー&承認の手順
  • 現行のウェブオーサリングとパブリッシングのワークフロー

お客様はプロジェクトに割り当てられたGPIのチームメンバー全員と面談し、適任者であることを確認した上で承認できます。

GPIは、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」認証を取得しています。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

その他のサービス:

ステップ 4: 分野別のトレーニング&調査

  • プロジェクトマネージャー
  • リードトランスレーター(翻訳チームリーダー)
  • エディター&コピーライター

グローバリゼーションサービスチーム(GST)が、原文ファイル、デモ、お客様に関する一般的な情報など、提供された参照資料に目を通し、検討します。

また、翻訳チームを対象に、お客様のウェブサイトの分野に関するトレーニングが実施されることもあります。

GPIは、プロジェクトに合わせてカスタマイズできる総合的な品質保証プロセスに従います。また、このプロセスはすべて文書に記録されます。当社の翻訳ワークフローには、翻訳およびDTP(デスクトップパブリッシング)の精度を保証するため、チェックリストによる各種品質監査が含まれています。また、お客様の品質保証(QA)やワークフロープロセスを当社のワークフローに組み込むことも可能です。

GPIは、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」認証を取得しています。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

その他のサービス:

ステップ 5: 文化的な問題に関する確認

  • プロジェクトマネージャー
  • リードトランスレーター(翻訳チームリーダー)
  • エディター&コピーライター

実際に翻訳を開始する前に、文化的な問題がないかどうか、カスタマイズが必要かどうか、また、原文のウェブコンテンツとサイト全体のデザイン、各種機能の基本的な見直しなどが行われます。

文化に合わせた画像のカスタマイズや現地の問い合わせ先電話番号の追加、現地の文化的価値に基づく総合的なウェブサイトのカスタマイズまで、多岐にわたる問題の見直しが行われます。

GPIは、プロジェクトに合わせてカスタマイズできる総合的な品質保証プロセスに従います。また、このプロセスはすべて文書に記録されます。当社の翻訳ワークフローには、翻訳およびDTP(デスクトップパブリッシング)の精度を保証するため、チェックリストによる各種品質監査が含まれています。また、お客様の品質保証(QA)やワークフロープロセスを当社のワークフローに組み込むことも可能です。

GPIは、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」認証を取得しています。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

その他のサービス:

ステップ 6: 用語集の作成

  • プロジェクトマネージャー
  • リードトランスレーター(翻訳チームリーダー)
  • エディター&コピーライター

翻訳チームによって、お客様専用の用語集が作成され、更新、管理されます。用語集を作成する際、翻訳チームは、お客様から支給された既存の用語集や業界で使用されている最新の辞書を活用します。

お客様には、用語集をレビュー、承認する機会が提供されます。

GPIは、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」認証を取得しています。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

その他のサービス:

ステップ 7: SEO – キーワード検索&ローカリゼーション

  • プロジェクトマネージャー
  • リードトランスレーター(翻訳チームリーダー)
  • エディター&コピーライター

新しいウェブサイトのデザイン&開発プロジェクトの一環として、もしくはウェブサイトのグローバリゼーションプロジェクトの一環として、お客様には、検索エンジンマーケティング(SEM)を実施し、その後も継続してSEMを活用することを強く奨励しています。SEMには、標準の検索エンジン最適化(SEO)と検索エンジン広告(SEA)の両方を含めるようにしてください。


GPIは、用語の精度からキーワード出現率の評価や競合するキーワードの分析まで、お客様の多言語キーワードの分析を実施します。

GPIは、プロジェクトに合わせてカスタマイズできる総合的な品質保証プロセスに従います。また、このプロセスはすべて文書に記録されます。当社の翻訳ワークフローには、翻訳およびDTP(デスクトップパブリッシング)の精度を保証するため、チェックリストによる各種品質監査が含まれています。また、お客様の品質保証(QA)やワークフロープロセスを当社のワークフローに組み込むことも可能です。

GPIは、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」認証を取得しています。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

その他のサービス:

ステップ 8: 翻訳、編集、校正

  • プロジェクトマネージャー
  • リードトランスレーター(翻訳チームリーダー)
  • エディター&コピーライター

翻訳/コピーライティングチームが翻訳を行い、翻訳チームとは別の翻訳者で構成される推敲チームが編集/校正を行います。
翻訳はすべて機械ではなく翻訳者によって行われます。翻訳者は、効率的に一貫性のある翻訳を行うため翻訳メモリを活用します。

  • 翻訳は、翻訳する内容を専門分野とする翻訳先の言語を母国語とする翻訳者によって行われます。
  • 翻訳者は全員、適切な翻訳技能を有し、GPIの厳しいテストと受け入れプロセスに合格しています。
  • コピーライター、翻訳者、エディターは、定められている品質管理手順に従って、連携して作業に取り組みます。
  • 翻訳メモリを使用することで、お客様は一貫性のある翻訳を得られるだけでなく、コストを抑えることもできます。
  • GPIは、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」認証を取得しています。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

その他のサービス:

ステップ 9: 画像のローカリゼーション

  • プロジェクトマネージャー
  • リードトランスレーター(翻訳チームリーダー)
  • エディター&コピーライター
  • DTP担当者
  • ローカリゼーションエンジニア
  • ウェブデザイナー

ナビゲーションボタン、ウェブアート、およびその他のウェブグラフィックで使用されている翻訳可能なテキストは、グラフィック(画像)から抽出され、通常の翻訳ワークフローに従って翻訳されます。

翻訳言語版、すなわち「ローカライズ」版の画像を作成するため、翻訳されたテキストは、元の画像にもどされ、必要に応じて調整されます。

GPIは、プロジェクトに合わせてカスタマイズできる総合的な品質保証プロセスに従います。また、このプロセスはすべて文書に記録されます。当社の翻訳ワークフローには、翻訳およびDTP(デスクトップパブリッシング)の精度を保証するため、チェックリストによる各種品質監査が含まれています。また、お客様の品質保証(QA)やワークフロープロセスを当社のワークフローに組み込むことも可能です。

GPIは、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」認証を取得しています。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

その他のサービス:

ステップ 10: 翻訳された文書のフォーマット

  • プロジェクトマネージャー
  • リードトランスレーター(翻訳チームリーダー)
  • エディター&コピーライター
  • DTP担当者
  • ローカリゼーションエンジニア
  • ウェブデザイナー

ウェブサイトには、ローカリゼーションが必要な多くの文書がリンクされていることがあります。

このような文書のフォーマットやDTP(デスクトップパブリッシング)作業には、翻訳した文書を原文の文書と一致させるためのレイアウト、フォント、グラフィック、全体のデザインのフォーマット等が含まれます。

また、Adobe PDFが作成され、画面に合わせて、もしくは印刷用に最適化され、新しいウェブサイトからアクセスできるようにリンクが貼られます。

GPIは、プロジェクトに合わせてカスタマイズできる総合的な品質保証プロセスに従います。また、このプロセスはすべて文書に記録されます。当社の翻訳ワークフローには、翻訳およびDTP(デスクトップパブリッシング)の精度を保証するため、チェックリストによる各種品質監査が含まれています。また、お客様の品質保証(QA)やワークフロープロセスを当社のワークフローに組み込むことも可能です。

GPIは、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」認証を取得しています。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

その他のサービス:

ステップ 11: マルチメディアのローカリゼーション

  • プロジェクトマネージャー
  • リードトランスレーター(翻訳チームリーダー)
  • エディター&コピーライター
  • DTP担当者
  • ローカリゼーションエンジニア
  • ウェブデザイナー
  • ウェブ開発者

ウェブサイトには、ローカリゼーションが必要な様々なマルチメディアコンテンツが含まれていることがあります

マルチメディアは、様々な項目ごとに個別に分析する必要があります。分析対象となる項目は、画面上のテキスト、オーディオスクリプト、グラフィックに含まれる単語数/文字数の確認から、アセットの種類やアセットをデジタル化しマルチメディアに組み込むために使用されている方法に関する分析まで、多岐にわたります。

マルチメディアはすべてローカライズされ、翻訳先の言語(ターゲット言語)でテスト表示/再生されます。

GPIは、プロジェクトに合わせてカスタマイズできる総合的な品質保証プロセスに従います。また、このプロセスはすべて文書に記録されます。当社の翻訳ワークフローには、翻訳およびDTP(デスクトップパブリッシング)の精度を保証するため、チェックリストによる各種品質監査が含まれています。また、お客様の品質保証(QA)やワークフロープロセスを当社のワークフローに組み込むことも可能です。

GPIは、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」認証を取得しています。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

その他のサービス:

ステップ 12: 品質保証(QA)/テスト

  • プロジェクトマネージャー
  • リードトランスレーター(翻訳チームリーダー)
  • エディター&コピーライター
  • ローカリゼーションエンジニア
  • インターナショナリゼーションエンジニア
  • QAテスト担当者
  • ウェブCMSスペシャリスト
  • ウェブデザイナー
  • ウェブ開発者

GPIは、すべてのウェブサイトプロジェクトの標準作業として、オンラインローカリゼーションを対象とした基本的な品質保証(QA)を実施します。

このQAでは、指定のブラウザとOSを組み合わせた環境で、表示や翻訳に問題が無いかのチェックが行われます。この工程は、機能に関する基本的な問題の特定にも役立ちます。

通常、テストはお客様主導で行われます。GPIの専門スタッフは、お客様の専門スタッフと協力し、インターナショナリゼーション(I18N)、ローカリゼーション(L10N)、機能テストを実施します。GPI の専門スタッフは、必要に応じてお客様の現地まで訪問してこれらのテストを支援します。

GPIは、プロジェクトに合わせてカスタマイズできる総合的な品質保証プロセスに従います。また、このプロセスはすべて文書に記録されます。当社の翻訳ワークフローには、翻訳およびDTP(デスクトップパブリッシング)の精度を保証するため、チェックリストによる各種品質監査が含まれています。また、お客様の品質保証(QA)やワークフロープロセスを当社のワークフローに組み込むことも可能です。

GPIは、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」認証を取得しています。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

その他のサービス:

ステップ 13: 最終納品

  • プロジェクトマネージャー

ウェブサイトとすべてのコンテンツのローカライズが終わると、原文を翻訳先の言語(ターゲット言語)に翻訳した最終ドラフト版のファイル一式がお客様に提供されます。

お客様には、翻訳の精度に問題がないか、また、デザインに誤りがないかすべてのウェブコンテンツを確認、承認していただきます。

ウェブサイトが公開されると、翻訳チームはエンドユーザーからのフィードバックに対応するための体制を整え、フィードバックに基づいてサイトを修正するためにお客様と効率的な方法で連携します。

GPIは、プロジェクトに合わせてカスタマイズできる総合的な品質保証プロセスに従います。また、このプロセスはすべて文書に記録されます。当社の翻訳ワークフローには、翻訳およびDTP(デスクトップパブリッシング)の精度を保証するため、チェックリストによる各種品質監査が含まれています。また、お客様の品質保証(QA)やワークフロープロセスを当社のワークフローに組み込むことも可能です。

GPIは、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」認証を取得しています。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

その他のサービス:

ステップ 14: 最終修正&ファイルのアーカイブ保存

  • プロジェクトマネージャー
  • DTP担当者
  • ローカリゼーションエンジニア

お客様には翻訳とフォーマットについて最終のコメントを提供していただきます。

いただいたコメントを反映し、最終版のウェブサイトと各種文書が作成されます。

GPIはお客様の翻訳メモリと用語集に最終的な言語に関わる変更を反映し、更新します。また、必要に応じて、今後の改訂を想定し原文ファイルすべてを含む最終版のプロジェクトフォルダーを安全な方法でアーカイブ保存します。

GPIは、プロジェクトに合わせてカスタマイズできる総合的な品質保証プロセスに従います。また、このプロセスはすべて文書に記録されます。当社の翻訳ワークフローには、翻訳およびDTP(デスクトップパブリッシング)の精度を保証するため、チェックリストによる各種品質監査が含まれています。また、お客様の品質保証(QA)やワークフロープロセスを当社のワークフローに組み込むことも可能です。

GPIは、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」認証を取得しています。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

その他のサービス:

ステップ 15: SEOおよびインターネットマーケティング

  • プロジェクトマネージャー
  • リードトランスレーター(翻訳チームリーダー)
  • グローバルSEMスペシャリスト

検索エンジンマーケティングサービスに含まれる可能性のあるサービス:

  • 総合的なウェブサイトの翻訳&ローカリゼーション
  • 多言語キーワード/フレーズ調査、調整、ローカリゼーション
  • 多言語検索エンジンの最適化&メインサイトのコンテンツのコピーライティング
  • 多言語検索エンジンのメタタグ、タイトル、Alt属性、見出しタグ、HTMLなどの最適化
  • ウェブサイトのアクセス数やキーワードの順位に関するレポート

GPIは、プロジェクトに合わせてカスタマイズできる総合的な品質保証プロセスに従います。また、このプロセスはすべて文書に記録されます。当社の翻訳ワークフローには、翻訳およびDTP(デスクトップパブリッシング)の精度を保証するため、チェックリストによる各種品質監査が含まれています。また、お客様の品質保証(QA)やワークフロープロセスを当社のワークフローに組み込むことも可能です。

GPIは、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」認証を取得しています。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

その他のサービス:

ステップ 16: 翻訳版の公開

  • プロジェクトマネージャー
  • リードトランスレーター(翻訳チームリーダー)
  • グローバルSEMスペシャリスト

新しい翻訳版が公開されると、毎日、毎週、もしくは毎月定期的にサイトを更新し続けるため、お使いのCMSとGPIの翻訳サービスコネクタによって強化された効率的なワークフローの運用が開始されます。

GPIは、プロジェクトに合わせてカスタマイズできる総合的な品質保証プロセスに従います。また、このプロセスはすべて文書に記録されます。当社の翻訳ワークフローには、翻訳およびDTP(デスクトップパブリッシング)の精度を保証するため、チェックリストによる各種品質監査が含まれています。また、お客様の品質保証(QA)やワークフロープロセスを当社のワークフローに組み込むことも可能です。

GPIは、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」認証を取得しています。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

その他のサービス:

ウェブサイトのローカリゼーションサービス(「ウェブサイトの翻訳サービス」とも呼ばれます)によりウェブサイトを多言語で開設することは、自社の製品やサービスの販売を世界市場に拡大しようとしている企業にとって必要不可欠なことです。GPI では、お客様の各言語サイトが文化的に適切で正確であることはもとより、検索エンジンの最適化も考慮したコンテンツの制作をお手伝いいたします。標準的なウェブサイトパブリッシングツールやワークフローをお使いの場合でも、最新のウェブコンテンツ管理システムを導入されている場合でも、そうでない場合でも、お客様のサイト環境とニーズに柔軟に合わせながら、対象となる地域に適したウェブサイトを作成し公開できるよう、当社はお客様の社内のウェブ担当チームや外部の代理店と協力しながらプロジェクトに取り組みます。

ウェブサイトローカリゼーションのメリット:

  • 翻訳分野の専門知識を有し、翻訳先の言語(ターゲット言語)を母国語とする翻訳者とコピーライターが翻訳作業を行います
  • 文書、画像、マルチメディアなどあらゆるウェブサイトのコンテンツをローカライズします
  • 翻訳メモリを使用することで一貫性のある翻訳が得られ、コスト削減も実現できます
  • ウェブサイトのコンテンツ管理システムの種類を問わず、状況に最適なウェブサイトのローカリゼーションワークフローをご利用いただけます
  • お客様が必要とするオンラインQAとウェブテストを実施します
  • 作業工程の重要な段階で、お客様にはレビューと承認の機会が提供されます

Additional Resources:

Case Study

&Beyond

Project Summary Globalization Partners International (G […]...