Skip to content

ソフトウェアのローカリゼーション

ソフトウェアの翻訳手順

ステップ 1: ローカリゼーションキットの確認

  • アカウントマネージャー
  • プロジェクトマネージャー
  • DTP担当者
  • ローカリゼーションエンジニア
  • インターナショナリゼーションエンジニア

原文ファイルの最終版一式の内容に目を通し、情報すべてが見積書に含まれていることを確認します。

翻訳メモリツールを用いたワークフローを活用し、マークアップ言語やフォーマットコードを維持するための、ファイルの準備作業を行います。この作業により、時間効率とコスト効率を実現します。

GPIは、プロジェクトに合わせてカスタマイズできる総合的な品質保証プロセスに従います。また、このプロセスはすべて文書に記録されます。当社の翻訳ワークフローには、翻訳およびDTP(デスクトップパブリッシング)の精度を保証するため、チェックリストによる各種品質監査が含まれています。また、お客様の品質保証(QA)やワークフロープロセスを当社のワークフローに組み込むことも可能です。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

12 Steps to Software Translation Success Guidebook

その他のサービス:

ステップ 2: プロジェクトの開始

  • アカウントマネージャー
  • プロジェクトマネージャー
  • DTP担当者
  • ローカリゼーションエンジニア
  • インターナショナリゼーションエンジニア

プロジェクトの開始にあたり、以下の項目の確認を行います。

  • プロジェクトチーム
  • プロジェクトのスケジュール
  • プロジェクトの手順
  • ワークフロー
  • 連絡方法
  • レビュー&承認の手順
  • 現行のウェブオーサリングとパブリッシングのワークフロー

GPIは、プロジェクトに合わせてカスタマイズできる総合的な品質保証プロセスに従います。また、このプロセスはすべて文書に記録されます。当社の翻訳ワークフローには、翻訳およびDTP(デスクトップパブリッシング)の精度を保証するため、チェックリストによる各種品質監査が含まれています。また、お客様の品質保証(QA)やワークフロープロセスを当社のワークフローに組み込むことも可能です。

GPIは、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」認証を取得しています。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

その他のサービス:

ステップ 3: 分野別のトレーニング&調査

  • プロジェクトマネージャー
  • リードトランスレーター(翻訳チームリーダー)
  • エディター&コピーライター

GPIのグローバリゼーションサービスチーム(GST)が、原文ファイル、デモ、お客様に関する一般的な情報など、提供された参照資料に目を通し、検討します。

さらに、アプリケーションの分野に関するお客様に特化したトレーニングが実施されることもあります。

GPIは、プロジェクトに合わせてカスタマイズできる総合的な品質保証プロセスに従います。また、このプロセスはすべて文書に記録されます。当社の翻訳ワークフローには、翻訳およびDTP(デスクトップパブリッシング)の精度を保証するため、チェックリストによる各種品質監査が含まれています。また、お客様の品質保証(QA)やワークフロープロセスを当社のワークフローに組み込むことも可能です。

GPIは、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」認証を取得しています。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

その他のサービス:

ステップ 4: 文化的な問題に関する評価

  • プロジェクトマネージャー
  • リードトランスレーター(翻訳チームリーダー)
  • エディター&コピーライター

実際に翻訳を開始する前に、文化的な問題やインターナショナリゼーションの観点から問題がないか、原文の文書の基本的な見直しが行われます。

適切な画像への差し替え/追加や、現地の電話番号や住所の追加、翻訳された文章が元言語よりも長くなる場合などの課題については、この段階ですべてクリアにします。

GPIは、プロジェクトに合わせてカスタマイズできる総合的な品質保証プロセスに従います。また、このプロセスはすべて文書に記録されます。当社の翻訳ワークフローには、翻訳およびDTP(デスクトップパブリッシング)の精度を保証するため、チェックリストによる各種品質監査が含まれています。また、お客様の品質保証(QA)やワークフロープロセスを当社のワークフローに組み込むことも可能です。

GPIは、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」認証を取得しています。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

その他のサービス:

ステップ 5: 用語集の作成

  • プロジェクトマネージャー
  • リードトランスレーター(翻訳チームリーダー)
  • エディター&コピーライター

翻訳チームによって、お客様専用の用語集が作成され、更新、管理されます。用語集を作成する際、翻訳チームは、お客様から支給された既存の用語集や業界で使用されている最新の辞書を活用します。

お客様には、用語集をレビュー、承認する機会が提供されます。

GPIは、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」認証を取得しています。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

その他のサービス:

ステップ 6: 翻訳、編集、校正

  • プロジェクトマネージャー
  • リードトランスレーター(翻訳チームリーダー)
  • エディター&コピーライター

翻訳/コピーライティングチームが翻訳を行い、翻訳チームとは別の翻訳者で構成される推敲チームが編集/校正を行います。

翻訳はすべて機械ではなく翻訳者によって行われます。翻訳者は、効率的に一貫性のある翻訳を行うため翻訳メモリを活用します。

  • 翻訳は、翻訳する内容を専門分野とする翻訳先の言語を母国語とする翻訳者によって行われます。
  • 翻訳者は全員、適切な翻訳技能を有し、GPIの厳しいテストと受け入れプロセスに合格しています。
  • コピーライター、翻訳者、エディターは、定められている品質管理手順に従って、連携して作業に取り組みます。
  • 翻訳メモリを使用することで、お客様は一貫性のある翻訳を得られるだけでなく、コストを抑えることもできます。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

その他のサービス:

ステップ 7: グラフィックのローカリゼーション

  • プロジェクトマネージャー
  • リードトランスレーター(翻訳チームリーダー)
  • エディター&コピーライター
  • DTP担当者
  • ローカリゼーションエンジニア

コールアウトや凡例など翻訳できる埋め込みテキストは、画像から抽出され、通常の翻訳ワークフローに従って翻訳されます。

翻訳先の言語版、すなわちローカライズ版の画像を作成するため、翻訳されたテキストは元の画像に戻され、必要に応じて調整されます。

文字数が多くなる言語の取扱説明書や画像をデザインする際は、細心の注意が払われ、追加のスペースが確保されます。

GPIは、プロジェクトに合わせてカスタマイズできる総合的な品質保証プロセスに従います。また、このプロセスはすべて文書に記録されます。当社の翻訳ワークフローには、翻訳およびDTP(デスクトップパブリッシング)の精度を保証するため、チェックリストによる各種品質監査が含まれています。また、お客様の品質保証(QA)やワークフロープロセスを当社のワークフローに組み込むことも可能です。

GPIは、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」認証を取得しています。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

その他のサービス:

ステップ 8: UIの構築

  • プロジェクトマネージャー
  • リードトランスレーター(翻訳チームリーダー)
  • エディター&コピーライター
  • DTP担当者
  • ローカリゼーションエンジニア

コードとタグを確実に維持するため、UIとヘルプファイルのフォーマットの確認が行われます。

文書のフォーマットやDTP(デスクトップパブリッシング)作業には、翻訳した文書を原文の文書と一致させるためのレイアウト、フォント、グラフィック、全体のデザインのフォーマット等が含まれます。

ソフトウェアアプリケーションには、ローカリゼーションが必要な様々なマルチメディアコンテンツが含まれていることがあります。

これらのマルチメディアコンテンツはすべてお客様の仕様に従ってローカライズされます。

GPIは、プロジェクトに合わせてカスタマイズできる総合的な品質保証プロセスに従います。また、このプロセスはすべて文書に記録されます。当社の翻訳ワークフローには、翻訳およびDTP(デスクトップパブリッシング)の精度を保証するため、チェックリストによる各種品質監査が含まれています。また、お客様の品質保証(QA)やワークフロープロセスを当社のワークフローに組み込むことも可能です。

GPIは、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」認証を取得しています。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

その他のサービス:

ステップ 9: 基本的なソフトウェアのテスト&品質保証(QA)

  • プロジェクトマネージャー
  • リードトランスレーター(翻訳チームリーダー)
  • ローカリゼーションエンジニア
  • インターナショナリゼーションエンジニア
  • QAテスト担当者

GPIは、すべてのソフトウェアプロジェクトの標準作業として、ローカリゼーションを対象とした基本的な品質保証(QA)を実施します。

このQAでは、表示や翻訳に問題が無いか、翻訳されたソフトウェアのチェックが実施されます。この工程は、機能に関する基本的な問題の特定にも役立ちます。

通常、テストはお客様主導で行われます。GPIの専門スタッフは、お客様の専門スタッフと協力し、インターナショナリゼーション(I18N)、ローカリゼーション(L10N)、機能テストを実施します。

ヘルプと文書のコンテンツも同様にテストされます。

GPIは、プロジェクトに合わせてカスタマイズできる総合的な品質保証プロセスに従います。また、このプロセスはすべて文書に記録されます。当社の翻訳ワークフローには、翻訳およびDTP(デスクトップパブリッシング)の精度を保証するため、チェックリストによる各種品質監査が含まれています。また、お客様の品質保証(QA)やワークフロープロセスを当社のワークフローに組み込むことも可能です。

GPIは、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」認証を取得しています。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

その他のサービス:

ステップ 10: オンラインヘルプと文書の作成

  • アカウントマネージャー
  • プロジェクトマネージャー
  • リードトランスレーター(翻訳チームリーダー)
  • エディター&コピーライター
  • 声優/ナレーター
  • 録音/録画エンジニア
  • ローカリゼーションエンジニア

ソフトウェアの各種機能を特定し、エンドユーザー向けに関連のヘルプコンテンツを作成します。

オンラインヘルプを公開します。

GPIは、プロジェクトに合わせてカスタマイズできる総合的な品質保証プロセスに従います。また、このプロセスはすべて文書に記録されます。当社の翻訳ワークフローには、翻訳およびDTP(デスクトップパブリッシング)の精度を保証するため、チェックリストによる各種品質監査が含まれています。また、お客様の品質保証(QA)やワークフロープロセスを当社のワークフローに組み込むことも可能です。

GPIは、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」認証を取得しています。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

その他のサービス:

ステップ 11: 最終納品

  • プロジェクトマネージャー

翻訳、ローカライズしたファイルの確認、DTP(デスクトップパブリッシング)が終わると、原文とまったく同じフォーマットと構造が適用された各言語の翻訳ファイルの最終ドラフト版一式(UI、ヘルプ、文書、グラフィック)がお客様に提供されます。

お客様には、翻訳の精度に問題がないか、また、デザインに誤りがないかすべての文書を確認、承認していただきます。

GPIは、プロジェクトに合わせてカスタマイズできる総合的な品質保証プロセスに従います。また、このプロセスはすべて文書に記録されます。当社の翻訳ワークフローには、翻訳およびDTP(デスクトップパブリッシング)の精度を保証するため、チェックリストによる各種品質監査が含まれています。また、お客様の品質保証(QA)やワークフロープロセスを当社のワークフローに組み込むことも可能です。

GPIは、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」認証を取得しています。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

その他のサービス:

ステップ 12: 最終修正&ファイルのアーカイブ保存

  • プロジェクトマネージャー
  • リードトランスレーター(翻訳チームリーダー)
  • ローカリゼーションエンジニア

お客様には翻訳とフォーマットについて最終のコメントを提供していただきます。

いただいたコメントを反映し、最終版の文書を作成し、再納品いたします。

GPIはお客様の翻訳メモリと用語集に最終的な言語に関わる変更を反映し、更新します。また、必要に応じて、今後の改訂を想定し原文ファイルすべてを含む最終版のプロジェクトフォルダーを安全な方法で保存します。

GPIは、プロジェクトに合わせてカスタマイズできる総合的な品質保証プロセスに従います。また、このプロセスはすべて文書に記録されます。当社の翻訳ワークフローには、翻訳およびDTP(デスクトップパブリッシング)の精度を保証するため、チェックリストによる各種品質監査が含まれています。また、お客様の品質保証(QA)やワークフロープロセスを当社のワークフローに組み込むことも可能です。

GPIは、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」認証を取得しています。

こちらの資料(電子版)をクリックし、詳細をご確認ください。

その他のサービス:

多言語にてソフトウェアの開発を希望されているお客様に、GPI はソフトウェアローカリゼーションサービス(「ソフトウェアの翻訳」)を提供しています。モバイルアプリをアラビア語から簡体字中国語にローカライズする場合にも、複雑なセキュリティアプリケーションをスペイン語にローカライズする場合にも、当社はお客様のソフトウェアをローカライズし、テストを実施いたします。多言語版を公開するために、お客様の開発チームと連携しながら取り組みます。

ソフトウェアローカリゼーションのメリット:

  • インターナショナリゼーション(I18N)とローカリゼーション(L10N)に関する総合的なコンサルティングをご利用いただけます
  • UI(ユーザーインターフェース)、オンラインヘルプ、印刷文書など、総合的にローカライズいたします
  • カスタマイズ可能な総合的な品質管理&テストが実施されます
  • 翻訳メモリ技術を活用することで、翻訳の一貫性を確保し、コストを削減できます
  • お客様主導の開発ワークフローをご利用いただけます
  • 重要な段階でお客様にはレビューと承認の機会が提供されます

Additional Resources:

Epicor Localization
Case Study

Epicor

Localization Project Summary GPI’s globalization services team utilized the Episerver Translation ...

Finest Resorts Website Translation
Case Study

Finest Resorts

About the Website Translation Project Globalization Partners International provided website translat...

Case Study

&Beyond

About the Translation and Multilingual Desktop Publishing Project Globalization Partners Internation...