Skip to content

認定翻訳



認定翻訳

GPIは、翻訳が正確であることを証明する翻訳証明書が必要なお客様向けに、認定翻訳を提供しています。認定翻訳は、主に政府関係機関や法人、医療機関で必要とされます。認定翻訳には通常、翻訳が正確かつ完全であることを証明する公証された宣誓供述書が含まれます。

認定翻訳が必要となる可能性のある文書には、学業成績書類、養子縁組書類、出生および死亡証明書、遺言書、関税および入国管理書類、婚姻および離婚証明書、法的契約書類、カルテ、会計帳簿類、不動産譲渡書、賃貸証明書などがあります。

アポスティーユおよび認証翻訳

GPIは、翻訳および原文の文書が正確であることを証明する翻訳証明書が必要なお客様向けに、アポスティーユ付き翻訳と真正証明書(COA)を提供しています。

アポスティーユは、1961年にハーグ国際私法会議によって採択されたハーグ条約「締約」国による使用を目的とした真正証明書です。アポスティーユは、死亡証明書や出生証明書、婚姻証明書など公的文書および特許申請関連書類、卒業証書/免状、一部の裁判関連書類のみに使用されます。

特定の公文書で求められる法的要件や法的有効性は国によって異なるため、特定の文書や書類の真正を証明するためにアポスティーユを使用することが認められるか否かも国によって異なります。

GPIの翻訳ツールのデモをご依頼になり、詳細をご確認ください。

デモのご依頼